普段は着ないモーニングもレンタル可能|自分に似合ったものを選ぶ

結婚を決めたら

リング

指輪を贈ろう

婚約指輪とは、婚約の証に男性から女性と贈られる指輪のことです。最近では婚約指輪を購入せずに結婚することも珍しくなくなりました。しかし、愛する男性から贈られる婚約指輪は、多くの女性たちにとって、子供の頃からの憧れです。彼女との結婚を決心したのであれば、是非、その憧れを叶えてあげましょう。とはいえ、いざ婚約指輪の購入を検討してみると、気になるのがその費用。給料の3ヶ月分なんて言葉に尻込みしてしまうかもしれません。しかし、そのフレーズは、1970年代に販売促進に使われたキャッチコピーで、実際には当時も今も20〜40万円が相場と言われています。先入観に惑わされず予算に合った指輪を選びましょう。

なぜ、ダイヤモンドなのか

私たちは婚約指輪と聞くと、キラキラと輝きを放つ大粒のダイヤモンドがあしらわれた指輪を想像します。ところが、実際、婚約指輪に使用する宝石は必ずしもダイヤモンドでなければならないという決まりはないのです。それでも、ダイヤモンドが婚約指輪の宝石として多くの人々に好まれるのには理由がありました。ダイヤモンドは、天然の鉱物の中で最も硬い物質といわれています。そのため、傷がつきにくく、その輝きはいつまでも失われることがないため、多くの人が婚約指輪の宝石としてダイヤモンドを選択するのです。また指輪自体も、途切れることのない永遠を意味しており、ダイヤモンドの指輪は生涯変わることのない愛の象徴であると考えられているのです。まさに婚約指輪にはぴったりの宝石といえますね。