普段は着ないモーニングもレンタル可能|自分に似合ったものを選ぶ

誓いの指輪

リング

婚約した時の指輪

結婚すると決まった時に渡す指輪と言えば婚約指輪です。結婚指輪は男性と女性双方がかわす指輪ですが、婚約指輪については男性から女性に贈るものであるのが一般的です。女性は婚約指輪のお返しに、婚約返しという形で時計や身につけるものを渡すことになっています。昔は給料の三ヶ月分と言われていた婚約指輪も、現在ではそれほど高いものを買う人は多くありません。昔は女性は結婚したら仕事をやめるという風潮があったため、万が一婚約してから男性に何かあった場合、女性が生活に困らないように婚約指輪を渡していました。もし何かがあってもお金に変えることができますし、ダイヤは価値も下がりにくいので、そういった意味で役に立つという考え方がありました。

指輪の種類

婚約指輪は、今や様々なデザインのものがあります。昔は鉤爪にダイヤがついているものが主流で、普段使いするようなものではありませんでしたが、今ではファッションリングとしても利用できるようなおしゃれなものも、増えました。ブランドのロゴや特徴があしらわれた指輪であったり、真ん中のダイヤの周りに小さいメレダイヤがついたようなものです。女性によっては、昔ながらのものを身につけたいという人もおり、親から譲り受けたものをリメイクする形で持つ人もいます。ダイヤには4Cと呼ばれる価値を示す指標があります。カラー、カラット、クオリティ、クラリティです。この4つによってダイヤの値段が決まります。女性の好みに合わせるのが良いと言えます。